研究論文

コロンビア大学

【David J Brenner webinar】 Filtered 222nm Far-UVC Saftye & Efficacy (前編)(フィルター付き222nm紫外線の安全性と有効性)

セントアンドリュース大学のユーチューブチャンネルにてコロンビア大学 デイビット ブレナーさんが、フィルター付き222nm紫外線の安全性と有効性に関する講義をしました。ACGIH の規格の規格に関して、今後の研究に関しても触れています
コロンビア大学

ウイルスの空気拡散を防止するためのフィルター付きFar-UVCデバイスの安全性と有効性

Safety and Efficacy of Filtered Far-UVC Devices to Prevent Airborne Transmission of Viruses セントアンドルーズ大学のKenneth Wood博士のフィルター処理された222nmFar-UVCランプによる実験を紹介している動画です。有害波長をフィルター処理したCare222®︎のその安全性と有効性を検証しています。
研究論文

ヒト患者の褥瘡 (PU) における細菌負荷の低減に222nm紫外線が有効

Far-UVC(222nm)がヒト患者の仙骨および臀部の膿における細菌のCFU数を減らすのに効果的。2週間の断続的な曝露中に合併症や副作用の証拠はなく、ヒトの創傷における即時から短期の安全性が示唆されました。
コロンビア大学

新型コロナウイルスを遠紫外線で不活化、産学協同の取り組み

「ヤム・イノベーション」がコロンビア大学とタッグを組み、ウイルスを不活化させる遠紫外線C波の効果と安全性を調べる有望な試験に乗り出している。
コロンビア大学

コロンビア大学、ブレナー氏 2021年1月 最新論文「フィルターは今後の曝露限度の改訂に重要な要素」人に照射する遠紫外線にはフィルター付きランプの使用を支持

有害波長をカットするフィルター付きKrClランプ(主波長222nm)はフィルター無しのランプより計算上12倍の強度を照射しても安全である。コロンビア大学 David J. Brennerが論文を発表する。
研究論文

広島大 新論文「Care222の間欠照射は連続照射と同等に新型コロナを不活化」

全照射時間が同じ場合、222 nm 紫外線の連続照射と間欠照射の間には、新型コロナウイルスに対する不活化効果に大きな差はない。 低照度222nmのUVCによる間欠照射と高照度222nmのUVによる連続照射は、全UVフルエンスが同じであれば、新型コロナウイルスを不活性化できる。
研究論文

【資料】222nmFar-UVCに関する論文

222nm Far-UVCに関する論文。ウシオ・アメリカのサイトよ...
研究論文

有人環境下で使用できる紫外線「Care222」の新型コロナウイルス不活化効果を確認

コロンビア大学

数分の照射で新型コロナを不活化、人に無害な222nm紫外線が実用化へ

2020.06.02.AcuityBrands社と供給契約を締結。...
コロンビア大学

Care222が誕生するまで 〜222nmの紫外線が人体に影響がないことが証明される

タイトルとURLをコピーしました