【続報:URBAN SUN】人工的な太陽は、東京の空にも光り輝くか?

This massive light fixture could disinfect public spaces. But is it safe?
Studio Roosegaarde’s latest project, Urban Sun, uses far-UVC light to fight COVID-19

昨日に続き、URBAN SUN の記事です。(昨日の記事

人工的な太陽(222nmFar-UVCランプ)を照射することによって公共スペースを安全かつ効果的にウイルスの危険から守るというオランダ発のプロジェクトです。

この記事の最後には、とても注目すべき事が書かれています。

Roosegaardeは、Urban Sunはすでに実施されているワクチンや健康対策に取って代わるものではなく「すべての解決策」とは考えていませんが、通常の生活の一部になることを望んでいる。と強調。一方、東京オリンピックやドバイ万博などの関係者からの問い合わせもあったという。

実際のアプリケーションには時期尚早であっても、Roosegaardeにとっては、「デザインと科学の美しさ」を示しています。

日本ではワクチン接種の遅れ、変異ウイルス感染者の増加と東京オリンピック開催を脅かすニュースが流れてきています。この記事のように公共スペースに222nmFar-UVCの光が降り注がれ、飲食店や、ショップ、交通機関などに設置していくことが、オリンピックを安全に開催するすべではないでしょうか。今後の動向に注目です。

P.S. もし日本で導入するとなれば、つまり東京オリンピックで採用となれば、ウシオ製のCare222を使わない理由はないだろう。(編集者の独断の意見ですが)

コメント

タイトルとURLをコピーしました