URBAN SUN PROJECT (オランダ発)222nm Far-UVC で公共施設を消毒

News | Studio Roosegaarde
Studio Roosegaarde is the social design lab of Dutch artist and innovator Daan Roosegaarde. Together with his team of designers and engineers Roosegaarde create...

オランダ、Studio roosegaarde が企画する”URBAN SUN”プロジェクトに注目!

このプロジェクトは222nmFar-UVCで作る人工太陽で公共スペースを照しウイルスを不活化。感染の危険性が少ないより良いスペースを提供しようとするものです。

Technical Simulation をみると二つのフェーズがあり、そこにそれぞれの仕様が書かれていました。フェーズ1のランプの仕様を見るとフィルター付きの222nmランプとあり、こちらはその波長特性からCare222®︎が使われる可能性があります。一方、フェーズ2の方はノンフィルタータイプ、他社の222nmのようです。このレポートからどちらを採用するのか、シチュエーションによって違うのかを読み取ることは出来ませんでしたが、このプロジェクトが実践されると、急速に222nmFar-UVCランプの普及がすすむと思われます。そして、世界の感染症対策がまた1歩前進し、かつての平穏な日常を取り戻すことが可能になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました