【広島大学】SARS-CoV-2に対するCare222™️の断続的照射とフルエンス応答の影響

Effect of intermittent irradiation and fluence-response of 222 nm ultraviolet light on SARS-CoV-2 contamination
The effectiveness of 222 nm ultraviolet (UV) C light for disinfecting surfaces contaminated with severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS…

広島大学からの正式な論文です。Care222と商品名を名指しして、Care222の間欠照射(

ある一定間隔でオン・オフを繰り返す)での対ウイルス効果を実証しています。いわゆる規制範囲内で間欠照射した場合でも連続照射と比べても不活化効果は変わらないという実験結果です。

Filtered 222nm Far-UVC ”Care222″ を名指しで発表された論文は、初めてではないでしょうか。各国の研究者でも、フィルター付き222nm Far UVC(コロンビア大特許・ウシオ電機独占実施権)の安全性・有効性をうたう論文はいくつか見られましたが商品名は出てきませんでした。この論文によりCare222以外の製品は、広島大学の論文を引用することが出来なくなるのではと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました