「第1回国際紫外線協会アジアセミナー」

净水技术 | 首届国际紫外线协会亚洲研讨会 系列报道之三 – 真空紫外、深紫外、LED_手机搜狐网
这个专场充分展示了紫外技术的日新月异:深紫外、LED材料的发展、222nm光源的安全性、真空紫外通量的测定、后汞灯时代紫外线技术的出路…… 让听众充分了解了新型紫外线技术研究和应用现状。Rich Sim…

2021年2月18日〜19日、国際紫外線協会(IUVA)と清華大学が共催した「第1回国際紫外線協会アジアシンポジウム」がオンラインで開催されました。その中で、ウシオ電機は、皮膚の安全性試験と眼の安全性試験に関する最新の研究を紹介しました。

6ヶ月間の人体におけるCare222の照射実験での目の損傷は見つからなかったという島根大学の実験結果や皮膚モデルでのフィルター付きおよびフィルターなしの照射試験で、フィルター無しの222nmがACGIH TLVの線量限度内でも皮膚DNAに損傷を与えるという実験結果を紹介。22nm技術を正しく安全に使用するためには、フィルター処理されていない222nmのリスクを認識しておく必要があると発表しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました