コロンビア大学、ブレナー氏 2021年1月 最新論文「フィルターは今後の曝露限度の改訂に重要な要素」人に照射する遠紫外線にはフィルター付きランプの使用を支持

Exposure of Human Skin Models to KrCl Excimer Lamps: The Impact of Optical Filtering
Far‐UVC radiation is a promising technology that is potentially both effective at killing airborne microbes such as coronaviruses and influenza, and being minim...

【以下、自動翻訳+編集部要約につき、完全なものを知りたい方はURLからご自身で調査下さい】 UVCの安全性について従来は254nmと222nmという2種類の波長で安全性を比較することが多かった。しかしこの研究では222nmをさらに230nm以上の有害波長をカットするフィルター有りのものと無しものを区別し安全性の比較をしている。 これまでの遠紫外線の安全性の研究成果から今後、遠紫外線のTLVの緩和がなされる可能性がある。これを考慮して本研究では230nm未満の全ての波長のハザードを0と想定し各々のランプの有効照射強度を試算した。この結果、フィルターなし222nmランプではTLVは47.6mJ/cm2にしか緩和されない。一方、フイルター付きでは577mJ/cm2と大きな緩和の恩恵が得られた。 この12倍の増加の恩恵はフィルターによる有害波長のカットによるもので、フィルターは今後の推奨暴露限度の大幅改定の為に明らかに重要である。 実際の照射による試験でも、254nmとフィルターなし222nmとで比較した2種類の人細胞DNA損傷物質の誘導率は各々3倍、9倍であったが、254nmとフィルター有り222nmとの比較では誘導率は各々730倍、112倍に拡大した。 この結果は最近発表されたUVCのTLVのNICと一致している。 フィルターされていないものは、より長い波長の小さな成分を持っており、それらは皮膚に深く浸透し、人細胞DNAを損傷する可能性がある。 フィルターなし222nmの使用に当たっては放出される全ての波長の完全なスペクトル分析とハザード計算が必要である。 本研究は人間が直接暴露される可能性がある占有空間での遠紫外線照射にはフィルター付きKrClランプの使用を支持するものである。

信頼度 S

コメント

タイトルとURLをコピーしました