”フィルター処理された222nm付近の紫外線”がいかにして観光地の再開と継続的な営業に役立つか 〜 Christie

How far-UVC could help visitor attractions reopen and stay open | blooloop
Blooloop Innovation Session in partnership with Christie: how far-UVC disinfection technology can help visitor attractions battle COVID-19.

Blooloopが主催したライブディスカッションでは、Christieのインダストリアルアプリケーション担当ディレクターBrent Peckover氏と、TEQ 4とHuman2.0の創設者Martin Howe氏が登場した。

*以下自動翻訳&抜粋*

フィルター処理された222nmの紫外線は人体に殆ど影響を与えずにウイルス不活化・除菌ができる。この技術はパンデミックによって大打撃を受けた観光地(アトラクション)に”再開”と”継続” を可能にする技術のひとつである。(Howe氏)

この技術は将来のウイルスに対する保険であり、再オープン後にアトラクションが再びロックダウンされない・・・ワクチンは集団免疫を構築するのに重要だが、今後も様々な新種がでてくる。UVCライトのメリットは、差別化しないこと。これは将来の生活をより良くするツール・・・(Brent Peckover氏)

将来的には、煙探知機やスプリンクラーシステムのように、公共の建物にも遠紫外線装置の設置が義務付けられるだろう。この世界的流行病の莫大な人的コストが、予想される長期的な財政コストと折り合いをつけていることを、世界中で学んでいるのだろうか。この世界的な大惨事に備えていたときのように、この過ちを繰り返すだけの余裕はないと思います。(Howe氏)

* 以上の記事は、Bloomloopでの記事を自動翻訳しこちらで要約したものです。多少の表現の違い等があると思います。詳細はリンク先の記事にてご確認ください。

信頼度 A

コメント

タイトルとURLをコピーしました