石川県加賀市医療センターにてウイルス不活化装置する。ウシオ電機製「Care222」を30台、新型コロナ対策として。

ウイルス不活化装置 導入 加賀市医療センターUV照射30台:北陸中日新聞Web
加賀市医療センターは七日、人の皮膚や目に悪影響を及ぼさない紫外線(UV)で、ウイルスを不活化できる照射装置を全国で初めて複数導入したと...

加賀市では、ウィズコロナ時代の最新の新型コロナウイルス感染防止対策として、ウシオ電機株式会社が米国コロンビア大学との独占契約のもと開発した「人の皮膚や目に悪影響を及ぼさない紫外線波長222ナノメートルを使った『紫外線照射装置Care222』」を全国の自治体に先駆けて加賀市医療センターに導入いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました