新型コロナウイルスを遠紫外線で不活化、産学協同の取り組み

新型コロナウイルスを遠紫外線で不活化、産学協同の取り組み(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース
ピザハットやケンタッキー・フライド・チキンなどを運営する米ファストフード大手のヤム・ブランズ傘下で急成長中の部門「ヤム・イノベーション」がコロンビア大学とタッグを組み、ウイルスを不活化させる遠紫外線

アメリカ版Forbesにて、この記事は確認していたが、使用している光源がCare222®であるとの確証がとれなかったので、保留していました。今回日本版で掲載されたようなのでこちらでもリンクを貼りました。

「ヤム・イノベーション」と手を組んだ相手が、コロンビア大学ブレナー博士のチームという事もあり、Ushio製Care222®であると思われます。引き続き調査していきます。

何れにせよ、外食産業やテーマパーク等も222㎚の紫外線に目が向いていることは間違いないでしょう。アメリカを発端に全世界にCare222®を含む”222nmのUVC”の普及が近づいてきていると考えられます。しかし、最も安全な光源はUSHIO製のフィルター処理された222nm紫外線、Care222®というのはゆるぎない事実です。

信頼度:A

コメント

タイトルとURLをコピーしました