共有バスルーム(トイレ)に設置されたCare222®️の除染効果に関する研究 〜 広島大学

Pilot study on the decontamination efficacy of an installed 222-nm ultraviolet disinfection device (Care222™), with a motion sensor, in a shared bathroom
Toilet surfaces are contaminated with pathogens, and they may be a vector for disease transmission. In this study, we investigated the efficacy of an …

以前、このブログで紹介した記事「光のカーテン」 〜 Care222®︎ の未来像 でトイレの話題をしていた大学がこの実験を論文にしたようですね。パイロット研究ですので更に精査が必要だと思いますが、概ね良い結果が出たようです。しかし、この実験でトイレの菌の状況を知ってしまうとコンビニのトイレとかを使用するのをためらってしまいますね。Care222が医療機関などに普及した後、市中のトイレとかにも設置されるようになってほしいですね。

* 記事に利用したトイレの画像(アイキャッチ画像)は、イメージ写真です。広島大学のトイレの画像ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました